セメント・ガーデン (Hayakawa novels)

3.51
  • (9)
  • (21)
  • (30)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 134
レビュー : 19
制作 : Ian McEwan  宮脇 孝雄 
asakureさん 本_海外   読み終わった 

病死した母親の身体をセメントで覆い隠し、自分たちだけの閉じた世界で暮らす子どもたち。暑い夏、雑草の生いしげる庭、取り壊された近隣の家々。語り手の少年の口調からは後悔も高揚も感じられず、うだるような暑さだけがけだるい空間を支配する。
割れたセメントの内部からやがて腐臭が漂い出すように、外部から隔絶されたこの停滞した日々が、永遠に続くわけではないことはわかっていただろう。崩壊の予感はじわじわといや増し、すべてが終わりを告げるその直前、少年の姉の発する言葉。歪つな楽園はそこでようやく完成する。

レビュー投稿日
2012年9月12日
読了日
-
本棚登録日
2012年8月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『セメント・ガーデン (Hayakawa ...』のレビューをもっとみる

『セメント・ガーデン (Hayakawa novels)』にasakureさんがつけたタグ

ツイートする