江戸川乱歩賞全集(7)伯林-一八八八年 高層の死角 (講談社文庫)

3.43
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
制作 : 日本推理作家協会 
Arthur Walkerさん  未設定  読み終わった 

「伯林-一八八八年」のみの感想。

「森鴎外(林太郎)とビスマルクの推理対決」という抜群の引きと、舞姫が世に生まれる理由となるような話の展開に序盤はぐいぐい引きこまれた。

レビュー投稿日
2014年8月11日
読了日
2014年8月11日
本棚登録日
2014年3月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『江戸川乱歩賞全集(7)伯林-一八八八年 ...』のレビューをもっとみる

『江戸川乱歩賞全集(7)伯林-一八八八年 高層の死角 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする