マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力

著者 :
  • ダイヤモンド社 (2016年7月23日発売)
3.51
  • (14)
  • (41)
  • (40)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 596
感想 : 42

# 努力の質を変える:仕事に「いい流れ」をつくるルール
## マインドセットの壁を破る
01. つねに現状からの「変化」を目指す Not「否定」
02. 「環境×意思×性格」を最大化する Not 与えられた環境に甘んじた努力
03. 「時間=努力」の錯覚から抜け出す Not 残業=努力
04. 仕事がはみ出しても時間を切る Not とにかく終わるまで働く
05. 残業=時間損失と考える Not つねに細部まで100%を目指す
06. 自分の仕事を定義する Not 目の前の仕事に没頭する
07. 高い目標を設定する Not できそうなことに終始する
## 環境の壁を破る
08. 上司の壁を見極める Not 壁上司にペースを振り回される
09. レバレッジで組織の壁を超える Not 自分や自部門だけで頑張る
10. ルーティン化に陥らない Not 昨対思考で行動する
11. 煩雑な手続きの壁を乗り越える Not プロトコル至上主義に屈する
12. 評価の壁を知り、変えていく Not インターフェース重視の評価に準じる
13. アンダーコントロールを増やす Not 多くの壁に囲まれて自由度を失っていく
## 行動変革のポイント
14. 遠くの「大きなゴール」を目指す Not 目の前のものに全力疾走し続ける
15. アウトカム志向を持つ Not アウトプットに満足する
16. 人に頼むことも責任と考える Not 最初から最後まで自分だけでやる
17. まずは手ぶらで話をする Not とりあえず書類を作る
18. 考える時間を作る Not すべてを効率でこなす
19. つねにフロントローディングする Not 努力を後出しする ←???
20. 面倒でもチームプレーを心がける Not 一人の仕事に没頭する
21. リスクを取る Not 誰からもよく思われようとする
22. 最も得意なことを磨き抜く Not メリハリのない働き方をする
23. 頭と体のフットワークを軽くする Not 地道に確実に

# いい努力を生み出す思考法:次の行動をクリアにする考え方
## 目的と課題
24. 目的の真意を正確につかむ Not 指示=目的と表面的に捉えて動く
25. 境界条件を広げる Not やっていい範囲で取り組む
26. 目的と境界条件を共有する Not わかりあってる「つもり」で進める
27. 動く前に課題を見出す Not 的を見ないで矢を放つ
28. 自分の判断で重要な課題に絞り込む Not すべての課題に取り組もうとする
## 洞察と仮設
29. 情報は7割集める Not できる限り情報を集める
30. さまざまな立場から情報を洞察する Not 人と同じ考えにとどまる
31. 洞察から仮説を組み立てる Not いつまでも自分なりの答えを持とうとしない
32. ユニークな仮説を作る Not 無難な痛切にしがみつく
33. 書いて話して、仮説を強化する Not 仮説を一人で抱え込む
34. 仮説を数字で検証する Not 仮説を押し通す
35. 仮説を進化させし続ける Not 一気に結論を出そうとする
## 思考の要諦
36. 一番効くレバーを引く Not 手近でできることに力を注ぐ
37. 仕事の答えを常に持っておく Not その場その場で考える
38. ためらいを捨て、判断する Not 時間切れで結論を出す
39. 頭の中を人の目にさらす Not 思考プロセスを隠す
40. 具体的なアイデアを足で生み出す Not 机の前だけでアイデアをひねり出そうと頑張る
41. 決まってから、もう一度考える Not 一度結論が出たら思考を止める
42. Why, What, Howを5回繰り返す Not 表層的な考えを結論としてしまう
43. 他の人の考えに対して自分を開く Not 他の人の意見を自分なりに解釈する

# いい努力につながる時間術:早く動いて努力の効果を最大化する
## 動き方の基本
44. 常に仕事の先を行く Not 〆切を基準にして動く
45. フロントローディングを徹底する Not きつい仕事を「あと」に回す
46. 行動のすべてに「時間の枠」をはめる Not 時間を決めずに、終わるまでやる
## 時間管理の具体的ノウハウ
47. ミーティングは無駄を削り、密度濃く Not 資料説明の場としてしまう
48. 打合せのシナリオを用意する Not まずは会ってみて考える
49. 早く帰ることで仕事の筋肉を鍛える Not 持久力に頼って長時間労働を続ける
50. 1週間に一度、流れを止める Not 同じペースでひたすら働く
51. 関係ないことにも時間をかける Not 効率重視でムダをすべて排除する
52. 時間ができるたびに「外」に出る Not 社内でデスクワークばかり続ける
53. カラフルなスケジュールで動く Not 代り映えしないスケジュールで行動する

# いい努力を進化させる:自分を成長させ続ける行動法
## 一段上へのレベルアップ
54. 早さと速さのスピードを上げる Not ルーティンに時間をかける
55. 要所に早く強く働きかける Not 色々と気にしてもたもた頑張る
56. 仕事の設計図を作る Not 先行きを見通すことなく個々の仕事を手掛けてゆく
57. ヒドゥンアジェンダを捨てる Not 裏目的の達成に労力を費やす
58. 正しい相手から正しい力を借りる Not 力を貸さず、力を借りない
59. こだわりの部分を作る Not すべてスムーズに進めようとする
60. 2・4・8・16の法則で未来を見据える Not 今の仕事だけを過大視する

# 人と一緒にいい努力をする:最も大きな成果を生み出す仕事術
## チームの基本
61. チームで生産性を最大化する Not 一人の力でできる範囲内で努力
62. 全員が向かう先を明確に共有する Not 自分のパートにだけ注力
63. フラットな関係で働く Not チームをピラミッド式で動かす
64. ノームと活動プランを書きだす Not 暗黙の了解で仕事を進める
## リーダーシップ
65. 権威以外のもので人を導く
66. 大事なことは初動からハンズオンで取り組む Not 後から本腰を入れて関わっていく
## 議論と会議
67. 全ての会議を有意義な時間に変える Not 会議を余計な手続きとして捉える
68. コミットメントの低いメンバーを戦力化する Not やる気のないメンバーは切り捨てる
69. 議論は紛糾しなければならない Not すんなり提案を通すことに努力する
70. どんな変化が起こるのかまで突き詰める Not 具体的な行動が見えない提案にとどまる
71. みんなの力で議論を進化させる Not 賛否を判断するだけの会議にしてしまう
72. 間違っていてもユニークなことを発言する Not 間違うことを恐れて人と同じことを発言する
73. 結論をはっきりさせる Not 結論を確認、共有しない
74. 議事録で次の行動を作る Not ベタ起こしで記録を作る
75. 変わる、を重ねてゆく Not 何の変化も起こさない

読書状況:読みたい 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年6月27日
本棚登録日 : 2021年6月20日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする