新選組血風録 新装版 (角川文庫)

3.85
  • (673)
  • (577)
  • (934)
  • (29)
  • (4)
本棚登録 : 4402
レビュー : 473
著者 :
制作 : 蓬田 やすひろ 
ヨッシーさん 小説   読み終わった 

燃えよ剣、を読み終えたことで生まれた新撰組への興味が赴くままに手に取った一冊。全15編からなる小話と、様々な隊士の生き様を通して、新撰組の雰囲気を楽しむことができた。個人的に好きなのは「前髪の惣三郎」かな。山崎と廊下ですれ違う際に頬を染める加納と、それを受けて困惑する山崎、という構図にはニヤニヤしてしまった。これは現代における「萌え」として立派に成り立つものだし、というか言ってしまえば燃えよ剣でも土方と沖田のやり取りに何度も萌えを感じることがあって、「ああ、これが腐女子の気持ちか……」なんて感心したりしていたわけで。いやだなあ、本の感想からだいぶ脱線してますよ、土方さん。

レビュー投稿日
2019年3月7日
読了日
2019年3月7日
本棚登録日
2019年3月7日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新選組血風録 新装版 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『新選組血風録 新装版 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする