詳注版シャーロック・ホームズ全集 (3) (ちくま文庫)

  • 筑摩書房
4.00
  • (7)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
感想 : 5

3巻は、これまた有名どころの「赤毛連盟」を筆頭に

「第二のしみ」、「ライトゲイトの地主」、「ボヘミアの醜聞」、「唇のねじれた男」、「五つのオレンジの種」、「花婿失踪事件」、「瀕死の探偵」、「青いガーネット」が収録されています。

やっぱ特筆すべきは、アイリーン・アドラーが出てくる「ボヘミアの醜聞」でしょう!!
映画などではヒロインのように出てくるから気になりますよね!

いざ!と読んでみたら、いささか拍子抜けでした。
そんな絡みないし、アイリーンはラブラブな旦那と逃げたしね。

ホームズは自分を出し抜いた女性として敬意を払っているだけで、恋愛要素ゼロだと思いました!!

他のも超短編て感じだけど、奇想天外な感じが面白かったです笑

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 楽しむ
感想投稿日 : 2013年3月19日
読了日 : 2013年3月19日
本棚登録日 : 2013年3月19日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする