痴人の愛 (新潮文庫)

3.63
  • (539)
  • (696)
  • (1225)
  • (96)
  • (23)
本棚登録 : 6154
レビュー : 788
著者 :
asm1357さん  未設定  読み終わった 

なぜかすごく期待して読み始めたら時代背景!!!!!ってなった。
そもそも「ナオミ」って名前がハイカラとからいやもうそもそもハイカラって!!!ってツッコミどころ多。それと、話し方も昔だから「よう!ナオミちゃん!」とかね、「よう!」ってなに!とにかく面白かった。
読み終わったあとにこの作品が大正に出版されたと知り、なんて読みやすい本だろうと感心した。

ただ、話はごく単純なアバズレ女に振り回される中年だった。いや、13歳の年の差なんて現代ではそう珍しくもないけどね。
ただ、もう初めから譲治さんはナオミの若さに惹かれてるし、ベビちゃんとかって呼んじゃってるし、甘やかしちゃってるしそもそもが対等じゃない付き合いなのだから、溺れていくのも当然と思うけど、ナオミが羨ましい!!!

レビュー投稿日
2017年4月25日
読了日
2017年4月25日
本棚登録日
2017年3月21日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『痴人の愛 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『痴人の愛 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする