ケアの倫理とエンパワメント

著者 :
  • 講談社 (2021年8月30日発売)
3.97
  • (11)
  • (17)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 540
感想 : 24

「ケア」という概念の幅広さを知った一冊。
かといって、おそらく半分くらいしか理解できていないと思うけど、文学作品に見る「ケア」は、取り上げられている作品を読んでいても、まったく気づかなかった見方だった。

本書を読んだことで、ジェンダーの境界線は曖昧のままでいいこと、女性男性どちらということではなく、どちらのいい要素を持つものが、昔から魅力的とされていることが、よくわかった。

オスカー・ワイルド、バージニア・ウルフ、三島由紀夫、平野啓一郎、多和田葉子、岡野八千代など、登場する人物も魅力的な人ばかり。

また読みたい本が増えた。


読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2022年11月11日
読了日 : 2022年12月16日
本棚登録日 : 2022年11月11日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする