ノーザンライツ (新潮文庫)

4.12
  • (98)
  • (77)
  • (66)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 685
レビュー : 53
著者 :
aswさん  未設定  読み終わった 

自然写真家の星野道夫氏による、アラスカの生活や文化に関するエッセイ。
「旅をする木」が有名が星野氏は、90年代に仕事中にヒグマに襲われて亡くなっている。
日本人によるアラスカ本はあまりないので、人類学的には貴重なのではないか。中でも、原住民のエスキモーたちの、伝統的な生活様式について詳しく書かれている。年中、カリブーと呼ばれる大型のシカのような動物の狩りをして、自然のなかで暮らしているようだ。アラスカには壮大なマッキンリーもある。アメリカ政府が、アラスカに原子力研究所を作ろうとしたり、土地の所有権を西洋的に決めようとするたびに、原住民たちは自分たちの意見を表明してきた。
著者は大学卒業後アラスカに移り住み、そこで十数年現地の人に交じって暮らした。民族意識が強い地域に、よく受け入れられたと思う。
アラスカのことはあまり知らなかったので、現地のいろいろな人生の話をへぇ~と思いながら読んだ。インディアン文化に興味がある人には面白いはず。

レビュー投稿日
2017年7月14日
読了日
2017年7月14日
本棚登録日
2017年7月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ノーザンライツ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ノーザンライツ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする