雪国 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.44
  • (382)
  • (611)
  • (1239)
  • (199)
  • (42)
本棚登録 : 7742
感想 : 779
4

言わずと知れた名作であるため、一読しようと本書を手にとった。本書は、主人公の島村がトンネルを越えて雪国に赴き、美の追求に臨む物語である。著者が本書に込めた思いを汲み取るのは難しかった。物語の内容が読者の想像に委ねられるところが多く、それ故に難解な作品になっていると感じた。非日常が演出されていることが理想である雪国で、島村がその理想の維持のために恋愛など一切の日常を寄せ付けまいとする姿は印象的だった。本来は「徒労」が本作の題になる予定であったこともあり、島村を愛する芸者の駒子の様々な行動が徒労に帰する様子は読んでいてとても寂しい。読了後には、なんとも言えない虚しさが残った。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2018年11月16日
読了日 : 2018年10月4日
本棚登録日 : 2018年11月16日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする