わが母の記 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 5
4

中学生の頃夏休みの宿題として読書感想文があった。
課題図書に惹かれるものがなかったため、この本の感想を書いた記憶がある。

中学生というと、女子はそろそろ身長も伸びなくなって、成長の終わりを実感しつつある年だった。
あとは内面の成熟を志すわけだが、そもそも成長は老いるということなのではないかと思ったのが読んだきっかけだったように思う。

読みやすいが内容は深く考えさせられる。
そろそろ再読のころ合いかもと思い手に取ったが、年を取るととても読み通すのが難しい話となった気がする。

読書状況:積読 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年4月18日
本棚登録日 : 2021年4月18日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする