20の短編小説 (朝日文庫)

3.22
  • (0)
  • (32)
  • (52)
  • (11)
  • (0)
本棚登録 : 363
レビュー : 47
制作 : 小説トリッパー編集部 
attachanさん  未設定  読み終わった 

いろいろな作家をオムニバス形式にした短編集。
普段手に取ることのない作家を知るのにいい機会です。

特に印象に残ったのは、

伊坂幸太郎「if」
江國香織「蒸籠を買った日」
木皿泉「20光年先の神様」
樋口毅宏「人生リングアウト」
山本文緒「20×20」

木皿さんの話はこんなに短い小説なのに、またまたやられたって感じです。
山本さん、読んだことなかったですが、なんだかどんどん読めちゃいますね。

ほか、
阿部和重「Across The Border」
もちょっと普段読まないタイプなのでいつか読んでみたい。

井上荒野「二十人目ルール」
老人の頭の中でいろいろ思いを巡らす不思議な時間。

白石一文「いま二十歳の貴方たちへ」
人生に正解はない。は心に刻みたい。

津村記久子「ペチュニアフォールを知る二十の名所」

山内マリコ「もう二十代ではないことについて」

楽しみが増えました−!

レビュー投稿日
2016年3月20日
読了日
2016年3月20日
本棚登録日
2016年3月20日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『20の短編小説 (朝日文庫)』のレビューをもっとみる

『20の短編小説 (朝日文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする