語源をさぐる (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 1
著者 :
Awajiyaさん 本・雑誌   読み終わった 

軽目のタイトルと“現代日本のエッセイ”という副題に油断して読み始めたら,物凄い博覧強記にしてさらにソリッドで古風な文体.一体こいつ何者.と思ったら「広辞苑」の撰をやった言語学の大物中の大物の作を復刊したものだった.執筆時点が1950年代なので,現代の学説に照らすと否定的な内容も含むのだが,内容は文句無く面白い.しかしこの荘重な文体が口述筆記とはねぇ.昔の人は大したものだ.

レビュー投稿日
1999年12月31日
読了日
-
本棚登録日
1999年12月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『語源をさぐる (講談社文芸文庫―現代日本...』のレビューをもっとみる

ツイートする