彫刻家の娘

  • 講談社 (1991年11月12日発売)
3.58
  • (12)
  • (12)
  • (25)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 202
感想 : 21

 
── トーベ・ヤンソン/冨原 眞弓・訳《彫刻家の娘 19911112 講談社》
http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4062055848
 
── トーベ・ヤンソン/香山 彬子・訳《彫刻家の娘 1973‥‥ 講談社》
 
♀Jansson, Tove Marika 19140809 Finland 20010627 86 /
 
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20100505 眠れぬ森の男たち ~ Raptus at Laputa ~
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20090502 吟遊詩人 ~ 地の果ての訪問者たち ~
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20010627 眠れる村の少女 ~ ヤンソン家の人々 ~
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%A5%E0%A1%BC%A5%DF%A5%F3
 
…… 大学入試センター試験の地理Bで人気キャラクターのムーミンを
取り上げた問題について、大阪大大学院のスウェーデン語研究室は2018
0115日、「原作ではムーミンの舞台はフィンランドとは断定できない」
と疑問視する見解を明らかにした。
 試験問題では「ノルウェーとフィンランドを舞台にしたアニメーション」
としてムーミンと「小さなバイキングビッケ」を挙げ、例示した両国の
言語との正しい組み合わせを選ぶよう求めた。
 古谷 大輔准教授(北欧史)は「スウェーデン語系フィンランド人作家
が、スウェーデン語で書いた一連の物語の舞台は、架空の場所のムーミン
谷とされる。フィンランドが舞台だと明示されていない」と指摘。
「ビッケもノルウェーが舞台とは断言できない」とし、研究室として、
舞台の国を特定した根拠の説明を求める意見書を、近く同センターに提出
する。
 古谷准教授は「センター試験の社会的信用を維持するためにも根拠を
示してほしい」と話す。
 同センターの担当者は取材に「意見書の内容を見て対応を検討する」
としている。在日フィンランド大使館の広報担当者は「ムーミンが注目
されることはうれしい。ムーミン谷は物語を愛する皆さんの心の中にある」
とコメントしている。
(配信 20180115 17:28 スポニチ)
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2018/01/15/kiji/20180115s00042000169000c.html
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516005882/
 
(20180115)
 

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2018年1月15日
本棚登録日 : 2018年1月15日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする