絶対音感 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社 (2006年4月25日発売)
3.53
  • (25)
  • (65)
  • (71)
  • (13)
  • (4)
本棚登録 : 721
感想 : 66

 
── 最相 葉月《絶対音感 199803‥小学館 20060425 新潮文庫》p430
http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4101482233
/カバー装丁;吉田 徳弘&浩美、デザイン;新潮社装幀室
 
 過去に書かれた“絶対音感”に関する最も信頼すべき研究レポート。
 ただし著者自身に“楽譜・楽器・楽理”の素養がないので、合理的な
結論に至らない(騎乗経験なしに競馬を論じるような勇気が感じられる)。
 
♀最相 葉月 19631126 東京 神戸 /第4回小学館ノンフィクション大賞
/関西学院大学法学部法律学科(国際法専攻)卒。広告会社、出版社、
PR誌編集事務所勤務を経てフリーの編集者兼ライターとなる。
 
(20150624)(編集中)
 

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: [音楽分庫]
感想投稿日 : 2015年6月24日
本棚登録日 : 2014年12月19日

みんなの感想をみる

コメント 1件

adlibさんのコメント
2023/07/07

 
https://jp.quora.com/%E7%B5%B6%E5%AF%BE%E9%9F%B3%E6%84%9F%E3%81%AE%E7%84%A1%E3%81%84%E5%9D%82%E5%B4%8E%E5%B9%B8%E4%B9%8B%E5%8A%A9%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB-%E5%AE%B4%E4%BC%9A%E3%81%AA%E3%81%A9%E3%81%A7-?__filter__=all&__nsrc__=notif_page&__sncid__=41465418218&__snid3__=55497096212
 
 まずは、絶対音感など実在せず、無意味なことを学びましょう。
 
 世界中、無数にあるピアノは、指揮者や演奏家や調律師の都合から、
てんでバラバラのピッチなので、誰かが不合理な権力で、あらためて
チューニングするには、そのつど数万円から数時間かかります。
  
…… 作曲者・演奏家・聴衆にとって、何一つ有利なことはありません。
http://q.hatena.ne.jp/1371814999#a1205209(No.3 20130621 22:20:35)
 絶対音感 ~ 百害あって一利なし ~
 
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=87518&pg=20150902
 鈍感教室 ~ 絶対音感を理解できない人々のために ~
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%C0%E4%C2%D0%B2%BB%B4%B6
 
https://jp.quora.com/search?q=%E6%A5%BD%E6%AD%B4
 わたしの楽暦

ツイートする