ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

著者 :
  • 中央アート出版社 (2009年10月2日発売)
4.00
  • (5)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 43
感想 : 6

 
── 八幡 謙介《ギタリスト身体論 ~ 達人に学ぶ脱力奏法 ~
20091002 中央アート出版》
http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4813605532
http://booklog.jp/search?keyword=%E5%85%AB%E5%B9%A1%E8%AC%99%E4%BB%8B%E3%80%80%E3%82%AE%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E8%BA%AB%E4%BD%93%E8%AB%96&service_id=1&index=Books
 
…… 練習熱心で、それ故に腱鞘炎になってしまい、さらに生真面目な
性格が災いして、「腱鞘炎だからって練習を休んではいけない、これを
乗り越えてこそ一人前のギタリストになれるんだ」と考えるらしいです。
 いやいや、逆ですから……。
 腱鞘炎になる原因のほとんどは、無理なフォームによる演奏時の力み
と、オーバーワークです。ですから、根本的に治す場合は、まず練習を
やめ、腕を休めて、治ってきたらフォームの改善をゆっくりと行ってい
くことが重要なのです。
http://k-yahata.hatenablog.com/entry/2014/03/02/%E8%85%B1%E9%9E%98%E7%82%8E%E3%81%AF%E5%8B%B2%E7%AB%A0%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84
 
…… カザルスも「わたしの手は大きくない。手術して拡げるよりも、
しなやかな指遣いが重要だ」という意味の発言をしています。
http://q.hatena.ne.jp/1437879542#a1250198(No.1 20150727 07:29:39)
 腱鞘炎 ~ ピアノ・チェロ・ヴァイオリン・ギター ~
 
https://twitter.com/awalibrary/status/625433705272713217
 
(20150727)
 

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2015年7月27日
本棚登録日 : 2015年7月27日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする