人生は七転び八起き

3.40
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 5
著者 :
adlibさん  未設定  未設定

 
── 内海 桂子《人生は七転び八起き 20200910 飛鳥新社》
http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4864107556
 
https://booklog.jp/search?service_id=1&index=Books&keyword=%E5%86%85%E6%B5%B7%E6%A1%82%E5%AD%90
https://natalie.mu/owarai/news/394301
♀Utsumi, Keiko 漫才 19220912 千葉 東京 20200822 97 /籍=成田 常也の妻
…… 98歳の誕生日に合せて出版。カラテカの矢部 太郎・挿画。
 
(20200831)
 *
http://a.msn.com/01/ja-jp/BB18NHSK?ocid=st2(20200908 07:05)
訃報記事の「誕生日」は間違いだった!?
♀内海 桂子   漫才 19220912 千葉 東京 20200822 97 /旧姓=安藤 良子
♀Utsumi, Keiko 漫才 19230112 千葉 東京 20200822 97 /籍=成田 常也の妻
 
https://twilog.org/awalibrary/search?word=%E5%86%85%E6%B5%B7%20%E6%A1%82%E5%AD%90&ao=a
 
https://twitter.com/awalibrary/status/1303156291779530753
 
…… 現役最高齢の女性漫才師で漫才協会名誉会長は、生前(当時94歳)
の本誌の取材にこう話していた。
「もともと1922年9月12日が誕生日だと思っていたのですが、戸籍上は
翌1923年1月12日生まれになっていた。それを知ったのは戦時中の1942
年のことです。海の向こうで戦う兵隊さんの慰問に行く時に、身分証明
書を作らないといけなくなって役所に行き、そこで初めて知ったんです。
 両親が私を産んだ時はともに20歳で、今でいう駆け落ちってやつ。近
くに相談に乗ってもらえる人もいなくて、役所にも届けなかったみたい。
結局、役所に届け出ればミルクがもらえると知って、出生届を出したよ
うです。後になって母親が事情を説明してくれましたが、そういう時代
だったんですね。戸籍の訂正もできるみたいだけど、とくにするつもり
はありませんね」
 こうした経緯があったため周囲から「9月の誕生日」と「1月の誕生日」
の両方を祝ってもらうこともあるといい「これじゃひと様の倍のペース
で歳をとっちゃうわね」と笑っていた。
「100歳で舞台に? 立ってみたいねぇ」と話していたが、目前にして
波乱の生涯に幕を下ろした。謹んでご冥福をお祈りいたします。
《週刊ポスト 20200918・0925 号》
 *

レビュー投稿日
2020年8月31日
本棚登録日
2020年8月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人生は七転び八起き』のレビューをもっとみる

『人生は七転び八起き』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『人生は七転び八起き』にadlibさんがつけたタグ

ツイートする