マルクスに凭れて六十年―自嘲生涯記 (1983年)

3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
著者 :
adlibさん  未設定  未設定

 
── 岡崎 次郎《マルクスに凭れて六十年 ~ 自嘲生涯記 198302‥ 青土社》
http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/B000J7A5JU
 
…… 下訳(略)はほぼ岡崎自身のもので、向坂はほとんど手を加えて
いないこと、にもかかわらず印税は当初折半で、関係の悪化から岡崎が
権利を放棄し、結局全額が向坂の収入になった(Wikipedia)。
 
 岡崎 次郎 19040629 北海道 ‥ 1984‥‥ 80 /1968 法政大学教授辞任
 向坂 逸郎 18970206 福岡 東京 19850122 87 /1951 社会主義協会創設
 
…… だから、労働者階級は(略)だから『資本論』は(略)だから社会
主義革命の書である。したがってまた真理の書である。
 ↑
…… 労働者階級が資本主義の中で、社会主義社会に行かざるをえない
必然性を与えられている。さらに進んで階級支配のない社会をつくらざ
るをえない必然性の中に生きている。だから、労働者階級は、社会主義
革命の階級である。マルクスは、この階級の歴史的性質を余すところな
く分析し、総合した。だから『資本論』は、労働者階級の書である。だ
から社会主義革命の書である。したがってまた真理の書である。
── 向坂 逸郎・解題《資本論(九)19700310-19970515 岩波文庫》
http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4003412591
 
(20180707)
 

レビュー投稿日
2018年7月7日
本棚登録日
2018年7月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『マルクスに凭れて六十年―自嘲生涯記 (1...』のレビューをもっとみる

『マルクスに凭れて六十年―自嘲生涯記 (1983年)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『マルクスに凭れて六十年―自嘲生涯記 (1983年)』にadlibさんがつけたタグ

ツイートする