南の島に雪が降る (1961年)

4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
著者 :
adlibさん  未設定  未設定

 
── 加東 大介《南の島に雪が降る 196109‥ 文藝春秋新社》初版
http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/B000JAMF5O
 
「それじゃぁ、おっ母さん、イヤおかみさんは、あっしの、おっ母さん
じゃぁねぇってんですかい」「そうとも、あたしゃお前のようなヤクザ
な子を生んだおぼえはないんだよ」
 
 表に出ると、雪の降る中で十数人の追手がとりかこむ。
「お前ぇら親はあるか子はあるか」「そんな厄介者なんざぁ居るもんか」
 長谷川 伸《瞼の母》の原型は、旧約聖書《出エジプト記》にある。
 
 モーセの母は、追われてきた息子をかばってエジプト兵たちにいう。
「この男は、わたしの息子ではない」モーセは兄アロンとともに母の家
を出て、エジプト兵からも逃れるべく決意する。約束された地に向って。
 
…… 長谷川 伸・原作《瞼の母 193003‥-04‥ 騒人》19330212(47)生母と再会
 長谷川 伸 作家 18840315 横浜 東京 19630611 79 /籍=伸二郎
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%C4%B9%C3%AB%C0%EE+%BF%AD
 
── 長谷川 伸・原作《関の弥太っぺ 1935‥‥ 日活京都 1959‥‥ 大映 1963‥‥ 東映》
── 鶴田 浩二・主演《関の弥太っぺ 19590526-0616 フジテレビ》
…… 舞台では、紙の雪を降らせ、客席から毎回、どよめきと歓喜の声
があがった。加東らは雪景色を充分堪能させてから登場するようにして
いたが、ある日の公演で、いくら待ってもしんとしている。不審に思っ
て舞台の袖からのぞいてみると、数百名いた兵隊が皆、涙を流していた。
聞いてみると彼らは東北の部隊だった。(Wikipedia)
 
── 加東 大介・原作《ジャングル劇場の始末記 ~ 南海の芝居に雪が降る 19610300 文藝春秋》初出/誤 1月号
── 加東 大介・主演《南の島に雪が降る 19610929 東宝》
── 加東 大介・原作《南の島に雪が降る 19640108-0129 22:15-22:45 フジテレビ》全4回
 
 加東 大介 俳優 19110218 東京 19750731 64 /沢村 国太郎&貞子の弟/異説 19110216
/籍=加藤 徳之助/前進座=市川 莚司/194310‥-194,‥‥ 応召
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%B2%C3%C5%EC+%C2%E7%B2%F0
 
(20151114)(20180524)
 

レビュー投稿日
2015年11月14日
本棚登録日
2015年11月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『南の島に雪が降る (1961年)』のレビューをもっとみる

『南の島に雪が降る (1961年)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『南の島に雪が降る (1961年)』にadlibさんがつけたタグ

ツイートする