究極の歩き方 (講談社現代新書 2541)

  • 講談社 (2019年9月18日発売)
3.22
  • (6)
  • (24)
  • (39)
  • (15)
  • (1)
本棚登録 : 376
感想 : 35
3

50歳で歩き方が変わる。
かかとの着地ポイントは歩行速度で変わる。早くなるほど外側になる。ランニングは一番外。プロネーション。
クッション性を保つため。

足の指を使って歩く=はだし教育の成果。

時速8キロでは、歩く、走るともエネルギー消費は同じ。
8キロ以下は、走ったほうが消費は多い。
8キロ以上は、歩いたほうが消費は多い。
自然と走り始める速度は7キロ程度=8キロを超えると走ったほうがエネルギー消費が少ない=楽だから。

無酸素運動も必要=インターバルウォーキング。3分間時速7キロを目標に早歩き。3分普通の速さ。を繰り返す。

早く歩ける人と早く歩けない人、がいる。

モデルウォークで若々しく見える。肩を水平に保ち、腹を引き締める。膝を開かずまっすぐに、両足を開かない。つま先を上げる、ストライドを大きくする。腰を立てて回旋させる。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 健康
感想投稿日 : 2021年2月15日
読了日 : 2021年2月15日
本棚登録日 : 2021年2月15日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする