娼年 (集英社文庫)

3.43
  • (594)
  • (1038)
  • (2402)
  • (271)
  • (51)
本棚登録 : 8910
レビュー : 1114
著者 :
aya0x0pleiadesさん  未設定  読み終わった 

いち女子大生として、セックスとか性とかそういうものをテーマにしたもの、それを匂わせるタイトルのものを買うのには勇気がいる。(とかいいつつ衣良さんの「sex」を買っているからあれなんだけど。)でも、恥ずかしいとかそんな理由でこの本を読まないというのはもったいなさすぎる。他の作品にも通ずるところだけれど、衣良さんの性描写にはいやらしさがない。作品を通じて、どこまでも透明なのである。

売春や買春が孕むイケナイ匂い。社会的にはそれはどこまでもイケナイことだ、と教えられてきたわたしは今まで疑うことなしに体を売り買いすることの悪を信じていた。けれどこの作品を読んでいる間、セックスを商品とすることがイケナイことではなく、寧ろ素敵なことのようにさえ思えた。本を閉じてしまえばやっぱり売春は悪なのだけれど。官能的ではなく、どこまでも透明な作品に仕上がったのはやっぱり衣良さんの成せる技なのではないだろうか。

レビュー投稿日
2013年6月5日
読了日
2013年4月16日
本棚登録日
2013年4月16日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『娼年 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『娼年 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする