銀塩写真探偵 一九八五年の光 (角川文庫)

3.41
  • (3)
  • (10)
  • (17)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 120
レビュー : 9
夢色さん  未設定  読みたい 

【あらすじ】
陽太郎の師、写真家の弘一には秘密の顔があった。それは銀塩写真探偵という驚くべきもの。ネガに写る世界に入り、過去を探れるというのだ。入れるのはたった一度。できるのは見ることだけ。それでも過去に囚われた人が救いを求めてやってくる。陽太郎も写真の中に足を踏み入れる。見たのは、輝きも悲しみも刻まれた永遠の一瞬で―。生きることとは、なにかを失っていくことなのかもしれない。哀切と優しさが心を震わす物語。

【感想】

レビュー投稿日
2018年8月30日
本棚登録日
2018年8月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『銀塩写真探偵 一九八五年の光 (角川文庫...』のレビューをもっとみる

『銀塩写真探偵 一九八五年の光 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする