耳袋秘帖 南町奉行と死神幇間 (文春文庫 か 46-50)

著者 :
  • 文藝春秋 (2024年1月4日発売)
3.25
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
感想 : 4
3

耳袋秘帖シリーズ「南町奉行」編・第八弾。

紙問屋〈大松屋〉の若旦那が溺死してしまいます。
亡くなった若旦那は、その夜“野だいこ(フリーの幇間)”の超弦亭ぽん助と遊んでいたことが判明。
ぽん助には、“彼(ぽん助)と遊んだ客はなぜか数日以内に死んでしまう”という不吉な噂があって・・。

今回は、次々と謎の死を遂げてしまう若旦那たちと、ぽん助がその死に関わっているのか?という謎をメインに追いつつ、その合間に“料亭に出現する座敷わらしの件”、“絵に描かれた猫の生気が抜けてしまった件”、“楽翁(松平定信)様が屋敷の庭から消えてしまった件”等・・といったサブの謎を解明して繋いでいくという、お馴染みの展開でございます。
さて、“死神幇間”と噂されるぽん助が、本当に“死神”なのか・・?という謎について、なかなか尻尾を出さないぽん助に捜査は難航するのですが、根岸奉行は“若旦那たちの死に、ぽん助が関わっていることは間違いない”と判断。
元岡っ引きの現役幇間・“よいしょの久助”にも協力を仰いで、ぽん助と死亡した若旦那たちの過去を洗ったりと粘り強く追及していきます。
終盤での、根岸奉行とぽん助との心理戦のようなやり取りが交わされていくうちに、ぽん助の心の闇が暴かれていく様子には思わず引き込まれました。
そんな訳で、心理サスペンス的な要素が強めな印象のせいか、この巻はいつもよりしんみりとした読後感だったように感じた次第です。

ところで、前々から再登場を希望していた坂巻さんが、今回チラっと登場していたのには“おおっ!”と反応してしまいました・・とはいえ、久々の登場なのに出番少なすぎですけどね~(涙)。
さらには、椀田さんの姉・ひびきさんも手習い所の師匠として、いきいきと働いている姿を見せてくれて嬉しかったです。
今後、宮尾さんとひびきさんの進展はあるのでしょうか・・この辺りも気になるところです~。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 2024年読了分
感想投稿日 : 2024年4月29日
読了日 : 2024年4月29日
本棚登録日 : 2024年4月29日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする