種まきノート―ちくちく、畑、ごはんの暮らし

4.00
  • (15)
  • (12)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 153
レビュー : 17
著者 :
ayakamatabooksさん セイカツ   読み終わった 

 種をまくということは、土とかかわって、育てて大きくして、土からたべものをもらうことです。
 土まみれになって、草をとり、栄養をやって、からだを使って。そうすると、わたしたちのいのちが土とつながっていることを、深く深く知ることができるのです。わたしにとって、好きで好きで、つい夢中になってしまうのが、種をまくことや、木を植えることです。種まきも木を植えることも、あまりにうれしいことなので、この喜びをみんなともっとわかちあいたいと思います。

レビュー投稿日
2016年5月22日
読了日
2016年5月22日
本棚登録日
2016年5月22日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『種まきノート―ちくちく、畑、ごはんの暮ら...』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする