十蘭ビブリオマーヌ (河出文庫)

3.80
  • (3)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 5
著者 :
ayakohattoriさん  未設定  読み終わった 

毎回楽しみにしている河出文庫のシリーズ。もう、うまいとしか言いようがございませぬ。実録ものを中心においた短編集。フィクションとノンフィクションの境目がわからん。
アナスタシア皇女のその後を描いた『淪落の皇女の覚書』、サスペンスの趣もある『あめりか物語』が面白かった。心理描写、構成、文章のうまさ。ハマると抜けられませぬ。本当に、ジャンルを選ばない作家ですね。感心しちゃう。

レビュー投稿日
2013年1月15日
読了日
2013年1月15日
本棚登録日
2013年1月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『十蘭ビブリオマーヌ (河出文庫)』のレビューをもっとみる

『十蘭ビブリオマーヌ (河出文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『十蘭ビブリオマーヌ (河出文庫)』にayakohattoriさんがつけたタグ

ツイートする