家族八景 (新潮文庫)

3.68
  • (414)
  • (558)
  • (804)
  • (86)
  • (15)
本棚登録 : 4375
レビュー : 561
著者 :
あやこさん 小説:日本人作家 タート   読み終わった 

ひとの心が読めてしまう少女・七瀬は自らの力を知り、試すためにもお手伝いを職として様々な家で住み込みながら働いていた。
その中の8軒の人々のエピソードをまとめた1冊。

元々ドラマを昔に観て、とても好きだったので手に取った本。
ドラマはかなり原作に忠実だったんだな〜。
人の心が読めてしまう七瀬にとって、住み込みで働くというのは興味深い反面とてもリスキーで、読みながら自分だったら?を常に頭の片隅に置いていた。恐らくもっと人をけしかけたり、コントロールしようとしてしまうだろうなあ。
最後の亡母渇仰のラストが壮絶すぎて、もし自分なら狂ってしまいそう。

生活の中で、相手の気持ちが分かればなあと思うことはままあれど、人の心が読めるのは幸せなのかね、不幸せなのかね。

レビュー投稿日
2016年12月9日
読了日
2016年12月9日
本棚登録日
2016年12月9日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『家族八景 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『家族八景 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする