死ねばいいのに

3.50
  • (245)
  • (617)
  • (592)
  • (173)
  • (47)
本棚登録 : 4278
レビュー : 767
著者 :
HNGSKさん 京極夏彦   読み終わった 

 こんなスタイルの小説、私、初めて読んだ。これって、ミステリーなのかな?犯人が、自分が殺した被害者について、関係者に話を聞いていく形式。
 しかも、彼が関係者に向かって、必ず言う台詞、
 
 それが、

  「じゃあさ。死ねばいいのに」

 関係者が卑屈すぎるとか、「死ねばいいのに」という方向にうまい具合に持って行き過ぎてるとか、いろいろ思うところはあるけれど、犯人である渡会君は、一番愚直で、そして一番自分に正直に生きている人なのかもしれない。殺したらダメだけど(笑)

レビュー投稿日
2012年5月7日
読了日
2012年5月7日
本棚登録日
2012年5月7日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『死ねばいいのに』のレビューをもっとみる

『死ねばいいのに』にHNGSKさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする