阪急電車

著者 :
  • 幻冬舎 (2008年1月1日発売)
4.11
  • (1739)
  • (1548)
  • (1028)
  • (67)
  • (27)
本棚登録 : 8984
感想 : 1676
4

 阪急電車今津線を利用する人々の、縁が織り成す物語。


 図書館で互いに顔を見知り、電車に乗り合わせた男女。寝取られた男の結婚式に、純白のドレスを着て出席した女。暴力オトコを彼氏に持つ女子大生。忠告する老婦人。大学デビューを目論む男女。グループの非常識を正せず追従している主婦。等々、大なり小なり彼らの行動が絡み合い、話が展開されていく。


 こんなに電車の中で、恋って芽生えるかなあっていうツッコミは置いといて、電車内での何気ない会話や行動、目線が捉えるものって、案外他人に注目されているのかもしれないなあ。
 乗り合わせた他人同士が、期せずして互いに影響を及ぼしあう。

 電車って、不思議な空間だなあ、と再認識した。

 阪急、大学生時代には利用していました。今津線ではなかったけれど。
 とはいうものの、私は、電車で通学や通勤をしたことがない。あまり、電車も利用しない。
 けれど、自分の最寄り駅にたどりつく前の、別の駅でふらりと下車してみたり、気になった人にちらりと話しかけたりしてみたいなと思った。


 逃していた出会いを、捕まえられるかもしれないなあ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 有川浩
感想投稿日 : 2013年3月22日
読了日 : 2013年3月22日
本棚登録日 : 2013年3月22日

みんなの感想をみる

コメント 2件

vilureefさんのコメント
2013/03/23

ayakoo80000さん、こんばんは!
コメントありがとうございました。

ayakoo80000さんは関西の方なのですか?
いいな~、これから素敵な大阪のおばちゃん(?)になれる要素があるんですね(笑)

あめちゃんもって見ず知らずの人に勧めるってやってみたいな~なんてひそかに憧れます。
そういうの、関東にはないからな・・・。

HNGSKさんのコメント
2013/03/25

vilureefさん>>はい、私は関西在住です。
でも、いまだアメは常備していません(笑) 
でも、関西では、自転車がこけたら、「あーあー、大丈夫なん?」って、起こしてくれます(笑)私はそんなおばちゃんになりたいです。

ツイートする