おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)

3.65
  • (215)
  • (511)
  • (485)
  • (76)
  • (10)
本棚登録 : 3710
レビュー : 425
著者 :
HNGSKさん このミス大賞   読み終わった 

 前回のドビュッシーはピアノ独奏だったけど、今回はオーケストラ。音楽って苦しい。そして、孤独だ。けれど、この上なく美しくて、一つになる快感を与えてくれるものだ。

 登場人物がありえないほど理路整然と会話をするところとか、岬先生がほんのちょっとのヒントで事件の真相にたどり着いちゃうところとか、相変わらずありえんだろー!!と突っ込みを入れてしまうところは置いといて・・・
 
 演奏会での曲目「ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番」 私、この曲を実際に聴きながら演奏のシーンを読んでみた。まさに実際にオケを聴いているようで、鳥肌がぶわって、立った。

レビュー投稿日
2012年5月14日
読了日
2012年5月14日
本棚登録日
2012年5月14日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)』のレビューをもっとみる

『おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)』のレビューへのコメント

まろんさん (2012年8月30日)

はじめまして。フォローしていただいて、ありがとうございます!まろんです。

もう、謎解きとかの要素は加えなくてもいいから
正面きって音楽小説を書いちゃってほしい♪
と熱望してしまうほど、音楽描写の美しい本ですよね!
私も332ページの同じ部分を引用していて
わあ、おんなじだ!とうれしくなってしまいました。

書きたいことをついくどくどと並べてしまう私とは違って
簡潔で爽快な言葉で読み手の心を掴んでしまうあやこさんのレビュー、素敵です!
これからも楽しみにしていますので、よろしくお願いします(*^_^*)

コメントをする場合は、ログインしてください。

『おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)』にHNGSKさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする