別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)

4.33
  • (2064)
  • (1347)
  • (557)
  • (65)
  • (8)
本棚登録 : 13483
レビュー : 875
著者 :
制作 : 徒花 スクモ 
山本 あやさん ■ 有川浩   読み終わった 

素敵なサイドストーリーがぎゅっと詰め合わせ。

主人公に続いて純情遠回り組さんの恋たちに
こんなに泣かされることになるなんて。

なんだかんだとかわいい兄弟の雪解けも
たまらなくうれしい♡

不可抗力である「美人」に生まれたゆえの
苦しさ、苦労、辛い気持ちを
たくさん呑み込み、超えてきた柴崎の
全部をくるんであまりある手塚の不器用ながらも
大きな愛情と、その中に素直さを
見出していく柴崎の光景が見れたことが
郁ちゃんと手をとって号泣したいほど感慨深くうれしい。

父のようにあったかい稲嶺指令の大きく広げた
腕の中で幸せに微笑んでいるような
大団円極まれりで大満足な最終章。

レビュー投稿日
2014年1月17日
読了日
2014年1月17日
本棚登録日
2014年1月17日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ...』のレビューをもっとみる

『別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする