光の帝国 常野物語 (集英社文庫)

3.79
  • (1350)
  • (1534)
  • (2005)
  • (155)
  • (35)
本棚登録 : 10464
レビュー : 1278
著者 :
山本 あやさん ■ 恩田陸   読み終わった 

200年以上という長寿を生き、遥か遠くを見渡せる
目や耳を持ち、未来を予知し、記憶と想いを保存する。
大多数の人達と異なる能力を持つ常野の人々。

異形のものは憂惧され淘汰される民主主義の国で
散り散りになった常野の人たちは
長い長い時間の川を越え、
幽かな光の元に集まり始める。

等しくきらめく生命の海。
大きな営みの中に生かされていることを
忘れてしまった私たち。

星と夜明けを夢見ながら、
全ては全てありのままに平行し
存在していくための常野の人達の運命と戦い。
光の生まれた場所が心穏やかに
手を繋ぎ暮らせる場所であるよう
祈りながら続きの常野の世界へ。

レビュー投稿日
2014年6月15日
読了日
2014年6月15日
本棚登録日
2014年6月15日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『光の帝国 常野物語 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『光の帝国 常野物語 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする