頭の中身が漏れ出る日々

3.94
  • (26)
  • (43)
  • (25)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 229
レビュー : 45
著者 :
山本 あやさん ■ 北大路公子   読み終わった 

北大路さんのエッセイはエピソードも文体も
とにかく面白い。

父の中に思春期の少女を見出し、
老紳士にインコの霊がついていると言われた
北大路さんの携帯メールでの
「し」の変換第一位は「しめじ」。

出入り口が道路に面している
ラブホテルの話も最高に面白かった。
混雑する道、列に入れてもらえず
延々とホテル前で人目に晒され
拷問のごとき時間を過ごすこととなる恋人たち。

他人事ながら恐ろしい。非常に恐ろしい。
陽水様も説いていた。
ホテルはやっぱりリバーサイド。

レビュー投稿日
2014年4月15日
読了日
2014年4月15日
本棚登録日
2014年4月15日
7
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『頭の中身が漏れ出る日々』のレビューをもっとみる

『頭の中身が漏れ出る日々』のレビューへのコメント

猫丸(nyancomaru)さん (2014年4月18日)

「とにかく面白い。」
最近、Booklogで知って笑わせて貰ってます。
やっぱり、記憶力と観察眼と、、、何だろう?

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする