僕は小説が書けない

3.40
  • (23)
  • (74)
  • (104)
  • (25)
  • (2)
本棚登録 : 711
レビュー : 84
aya**さん 中村 航   読み終わった 

これは小説の書き方の指南書とラノベ的作風と青春学園ドラマ的な要素を足して3で割ったような作品、と言えばわかりやすいと思う。
中田永一さんと中村航さんの共著とのことで、どんなんだろ、と思ったらまぁなんと、文字通り2人で一つの作品を仕上げちゃってるから吃驚、そうきたか。冷静と情熱のあいだのように異なる主人公を立てていつか交わるではなく、作家の大森兄弟(兄弟ユニット作家)さんのようにかわりばんこに物語を進めていったようです。異なる書き手が違う頭で描き綴っただけあって、なかなかのドタバタっぷり。
小説を書きたいと思ったことのある人(まさにわたしもなんだが)には身に染みるような言葉もちらほらと。
中田永一さんのあの爽やかなものが好きで気になっており、前知識もなく読み進めたので思っていた作風とは180度、や150度くらい違ったけどそれでもそれなりに楽しめました。軽くてがやがやしてる作品が好きな方は気にいるはず。

最後に、ブクログさんから献本頂けて一足先に読ませて頂けて本当に光栄です。甘口レビューにしたかったのですが、そこは…すみません。

レビュー投稿日
2014年10月20日
読了日
2014年10月20日
本棚登録日
2014年10月2日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『僕は小説が書けない』のレビューをもっとみる

『僕は小説が書けない』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする