東京バンドワゴン (集英社文庫)

3.92
  • (571)
  • (769)
  • (539)
  • (63)
  • (23)
本棚登録 : 4993
レビュー : 689
著者 :
ayu-poupeさん 小路幸也   読み終わった 

少し前にドラマ化された作品。
語りが亡くなられたお祖母様で、新鮮でした。
家族を1人の語り手の立場から描く物語。
古本屋を舞台とし、堀田家とその周りの人々の日常を描いている。その中に、ちょっと事件があり、古本屋さんらしい方法で謎解いていったり…。

とても温かく、家族っていいなぁと思える作品。
どの人物も個性あり、好きになれます。
大家族っていいなぁと少し憧れたし、最近ではあまり近所との繋がりも薄いというので、このような密接な地域の関係にもほっこりさせられました。

ドラマ化も、原作をうまく生かしていたのではないかなぁと思いました。
なんと、続編も沢山あるみたいなので、読んでいきたいと思います。

レビュー投稿日
2015年2月28日
読了日
2015年2月24日
本棚登録日
2014年8月14日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『東京バンドワゴン (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『東京バンドワゴン (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする