黒猫館の殺人 (講談社文庫)

3.33
  • (112)
  • (349)
  • (887)
  • (86)
  • (9)
本棚登録 : 3127
レビュー : 298
著者 :
ayumi1118さん 綾辻行人   読み終わった 

≪あらすじ≫
6つめの「館」への御招待-自分が何者なのか調べてほしい。推理作家鹿谷門実に会いたいと手紙を送ってきた老人はそう訴えた。手がかりとして渡された「手記」には彼が遭遇した奇怪な殺人事件が綴られていた。しかも事件が起きたその屋敷とはあの建築家中村青司の手になるものだった。惨劇に潜む真相は。
                            (BOOKデータベースより)
≪レビュー・感想≫
面白かったです。ラストには驚かされました!
読み進めていく中で、たくさんの違和感は自分も感じられたけど、
館の謎はさすがに解けなかったです。

今までの館シリーズとは違い、館で起きた殺人事件がメインじゃなくて・・・
というのが意外で楽しめました。

レビュー投稿日
2012年8月27日
読了日
2012年8月
本棚登録日
2012年8月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『黒猫館の殺人 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『黒猫館の殺人 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『黒猫館の殺人 (講談社文庫)』にayumi1118さんがつけたタグ

ツイートする