ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)

3.86
  • (1315)
  • (2786)
  • (1774)
  • (153)
  • (18)
本棚登録 : 15067
レビュー : 1796
著者 :
AYUMUさん 小説   読み終わった 

1で栞子さんとの関係が気まずくなり、
一度はビブリア古書堂を辞めた大輔が、
また働きだすところからお話が始まります。

始めて自宅のある二階に入った時に見つけた、
栞子さんにそっくりなモデルの描かれた絵を見つけます。

絵のモデルは栞子さんの母で今は行方不明だが、
ビブリア古書堂を取り仕切っていたこともある
とても頭の切れる方だったとか。

本作は大輔視点で話が進みますが、
大輔の視点と栞子さんの視点とが違って、いい結果で終わるといいなぁ。

ミステリー部分は1よりだいぶ読みやすく(解きやすく?)なっていると思います。

古書のウンチクと、栞子さんと大輔の関係にもやもやする所が楽しい小説でした。

レビュー投稿日
2014年6月14日
読了日
2014年4月13日
本棚登録日
2014年4月11日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと...』のレビューをもっとみる

『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)』にAYUMUさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

三上延の作品一覧

三上延の作品ランキング・新刊情報

ツイートする