家守綺譚 (新潮文庫)

4.15
  • (1265)
  • (761)
  • (718)
  • (47)
  • (13)
本棚登録 : 6294
レビュー : 930
著者 :
AYUMUさん ファンタジー   読み終わった 

亡き親友の家で物書きをしながら暮らす主人公。

親友の幽霊、主人公に懸想するサルスベリ、
かっぱなどがでてきて、
雨の日のようなふわふわした雰囲気がすごく素敵。

途中から犬のゴローさんが番犬となる。
このゴローさんがなかなかカッコイイ。
揉め事を仲裁してまわって、鳶に乗って帰ってきたりする。

毎回、植物がテーマになって、
常にふわふわとした夢を見ているような、
そんな雰囲気が漂っています。

また、時間がたったら読みたい作品です。

レビュー投稿日
2013年7月27日
読了日
2013年7月24日
本棚登録日
2013年7月27日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『家守綺譚 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『家守綺譚 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『家守綺譚 (新潮文庫)』にAYUMUさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする