明日の子供たち

4.08
  • (532)
  • (710)
  • (318)
  • (35)
  • (3)
本棚登録 : 4584
レビュー : 651
著者 :
azu-azumyさん 有川浩   読み終わった 

有川さんの本は久しぶりに読みました。
1年ぶりくらいかな?
有川さんも大好きな作家さんのひとり。

元営業マンの三田村慎平は児童養護施設「あしたの家」に転職。
情熱にあふれる慎平。
愛想はないが子供たちへの思いは強い和泉和恵。
理論派のベテラン猪俣吉行。
そして子供たち。

ここで暮らす子供たちにとって、養護施設とは何なのか…?
義務教育を終えたら、高校に進学しない限り、施設を出なければならない。
高校に進学してもその先は…
大学に進学することは経済的にも、とても難しいこと。

子供たちに寄り添う職員、そして子供たち。
みんな悩んでいる。
そんな厳しい状況の置かれていても、みんな前に進んでいく。

とても良い本に出合いました。

レビュー投稿日
2017年10月26日
読了日
2017年9月24日
本棚登録日
2017年9月24日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『明日の子供たち』のレビューをもっとみる

『明日の子供たち』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする