最終目的地 (新潮クレスト・ブックス)

3.92
  • (19)
  • (22)
  • (16)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 224
レビュー : 35
azuazuさん 映画と原作本、サントラ。   読み終わった 

新年1冊目に相応しく、美しく繊細な文章に魅了されました。昨年、本書原作の映画を観ていますが、原作の世界観を見事に映画化されていたと再認識しました。本では、登場人物たちの洗練された会話や背景をじっくり味わう事ができました。とりわけ映画では描かれなかった、キャロラインの過去を知ることによって、彼女の本当の苦悩の意味が理解出来ました。ただひとつ難を言えば、邦題が好くない。映画も同じタイトルですが、直訳すぎてエレガントじゃないと思います。「destine」には運命づけるという意味もあるし、もう少し他になかったのか。主人公オマーが伝記を書きたいというきっかけとなった「ゴンドラ」という小説(もちろん実在しないけど)読んでみたいなぁ。

レビュー投稿日
2013年9月5日
読了日
2013年1月6日
本棚登録日
2013年9月5日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『最終目的地 (新潮クレスト・ブックス)』のレビューをもっとみる

『最終目的地 (新潮クレスト・ブックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『最終目的地 (新潮クレスト・ブックス)』にazuazuさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする