白い巨塔〈第1巻〉 (新潮文庫)

3.89
  • (381)
  • (368)
  • (472)
  • (18)
  • (5)
本棚登録 : 2929
レビュー : 245
著者 :
azuki1062さん  未設定  読み終わった 

これは面白い。国立大学医学部教授の椅子を狙って、一癖も二癖もある面々がドロドロの駆け引きを繰り広げる。羨望の的である「お医者様」も、腹の中では野心と欲望が渦巻いており、一挙手一投足にひりつくような微妙な駆け引きの閃光が走る。

国立浪速大学の医学部第一外科助教授・財前五郎。食道噴門癌の手術を得意とし、マスコミでも脚光を浴びている彼は、当然、次期教授に納まるものと自他ともに認めていた。
しかし、現教授の東(あずま)貞蔵は、財前の傲慢な性格を嫌い、他大学からの移入を画策。
産婦人科医院を営み医師会の役員でもある岳父・財前又一の財力とOB会の後押しを受けた五郎は、あらゆる術策をもって熾烈な教授選に勝ち抜こうとする。

登場人物たちがとても人間くさい。燃えるような野心を滾らせる財前五郎。彼の傲岸を嫌い、金沢大学の菊川昇を推薦しようとする、一見紳士な東貞蔵。財前を推すことによって将来の実験を握ろうとする医学部長の鵜飼(うがい)良一。教授戦からは距離を置き、直向きに医療に邁進する里見脩二。
野心、名誉欲、矜恃、嫉妬、見栄…醜い感情どうしがぶつかり合う人間ドラマがつまらないはずがない。

レビュー投稿日
2019年4月7日
読了日
2019年4月7日
本棚登録日
2019年4月7日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『白い巨塔〈第1巻〉 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『白い巨塔〈第1巻〉 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする