向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)

3.17
  • (826)
  • (1833)
  • (2595)
  • (1241)
  • (513)
本棚登録 : 16997
レビュー : 2467
著者 :
一未(ヒトミ)さん ミステリー   読み終わった 

最初は本当、ミステリー。誰が犯人?みたいな気持ちで読んでいけました。犯罪が一転、二転するというのか、途中まで描かれている犯罪が実は……と、違ってくるのが怖くて面白い。
読んでいる間は、先を知りたくて読んでいたんですけど。
昆虫系がでてくるあたり、気持ち悪いかな。犯罪者の一般人には理解できない心理描写は凄いと思う。
なんとなく、妹の存在もわかりかけてきてしまうラストが、ちょっと残念だけど、不思議なお話で引き込まれる要素はあります。

レビュー投稿日
2018年7月13日
読了日
2018年7月13日
本棚登録日
2018年7月13日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)』に一未(ヒトミ)さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする