暗闇の中で子供 (講談社ノベルス)

3.43
  • (98)
  • (149)
  • (417)
  • (32)
  • (5)
本棚登録 : 1298
レビュー : 172
著者 :
松倉東さん 書籍【ミステリ・サスペンス】   読み終わった 

奈津川家物語第二弾。

これ、内容について語る意味があるのか?

JUNEなのは確かなので、気になった人は読んでみたらいいと思う。私はこーゆー現代のJUNEが読みたかった。
舞城の描く女の子は、皆血肉が通っているというか、ふつうにそこらにいそうでかつとても可愛くて、作品を気に入ってる理由のひとつでもある。

そしてこの作品における舞城の文章の読みやすさは異常。
どこまでもスイスイガンガンいけるおかげで、止め時が判らない。
でもこの文体、あるいは過剰な暴力表現故に人を選ぶのも事実なので、万人にオススメはできないのだった。

レビュー投稿日
2010年5月15日
読了日
2010年5月15日
本棚登録日
2010年5月15日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『暗闇の中で子供 (講談社ノベルス)』のレビューをもっとみる

『暗闇の中で子供 (講談社ノベルス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする