ホーリー・アップル 虹色のスチーム (講談社X文庫ホワイトハート)

4.31
  • (14)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 11
著者 :
制作 : 槇 えびし 
松倉東さん BL【ミステリ・サスペンス】   読み終わった 

柏枝節全開。
柏枝真郷は「誰に悪意があったわけでも、誰が悪いわけでもないのに不幸な境遇に陥った子供」というシチュエーションを書かせると抜群の作家で、デビュー作であるデスペラードシリーズでその筆力を遺憾なく発揮していた。本作でその力は衰えてないどころか、進化していたことが実感できた。
自分の子供時代を語るドイル。その語り口は淡々と事実のみを並べているだけなのに、十二分なほどに胸を打つ。
そして過去よりもっと胸を打つドラマがこれからにあることが嬉しい。もちろん、寄り添って歩くパートナー、ハリーとともにだ。

と同時に、彼女にはもうデスペラードシリーズの新作を書く必要はないのかもしれないとも納得してしまった。
改訂した第一作〜二作は死ぬまでに読みたいけど。

柏枝さんは“I love you”を「もう死んでもいい」と訳した二葉亭四迷のエピソードに随分思い入れがあるのかいろんな作品で引用していますが、本作のハリーの「love」に対する表現も、負けず劣らず素敵だと思います。

レビュー投稿日
2010年9月2日
読了日
2010年9月2日
本棚登録日
2010年9月2日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ホーリー・アップル 虹色のスチーム (講...』のレビューをもっとみる

『ホーリー・アップル 虹色のスチーム (講談社X文庫ホワイトハート)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ホーリー・アップル 虹色のスチーム (講談社X文庫ホワイトハート)』に松倉東さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする