マラソン哲学 ~日本のレジェンド 12人の提言~

制作 : 陸上競技社 
  • 陸上競技社 (2015年2月20日発売)
3.75
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 3
4

 陸上マラソン界で実績を残した宗茂、宗猛、瀬古俊彦、山下佐知子、有森裕子、中山竹通、森下広一、藤田敦史、高橋尚子、高岡寿成、小出義雄、藤田信之ら12人の選手、指導者に、自らの競技、指導への取り組み方や2020年東京五輪に向けての考えを聞いた、月刊陸上競技に掲載されたインタビューをまとめたもの。

 彼らの言葉には、世界を相手に戦うという、選ばれた者だけに与えられた体験に裏付けられた重みがある。

 高い目標を強く持ち続ける。
 自ら関わる。
 質、量とも高いトレーニング。
 
 5年は長くない。

 それぞれのインタビューごとに、トレーニングメニューも添えられていて、大変参考になる。

 12人のレジェンド中、2人が鳥取関係者なのが気になった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2015年4月13日
読了日 : 2015年4月13日
本棚登録日 : 2015年2月28日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする