このラブレターが、君の所に届くまで (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA (2020年12月24日発売)
4.40
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 3
5

映画監督を夢見る中学二年の赤星宵がクラスメートの夜通あかりを主演にしたショートムービーをコンクールに出す。
それをきっかけにあかりは注目を浴び、人気女優となる。あかりばかり評価され、やがて二人の距離は離れ、宵は夢を見ることをやめてしまう。
高校二年の冬、街であかりと再会するが、彼女は病気で余命一年だという。
「星になりたい」と言う彼女の最期を遺すために宵は再びカメラを回す──という物語。

すごく綺麗な小説だった。
情景描写が綺麗で、すっと心に入ってくる。
ラストシーンの台詞がほんとに好き!

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2022年4月8日
読了日 : 2021年11月20日
本棚登録日 : 2021年1月5日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする