九十九十九 (講談社文庫)

3.23
  • (50)
  • (76)
  • (162)
  • (57)
  • (17)
本棚登録 : 861
レビュー : 110
著者 :
横田さん  未設定  未設定

名探偵だったり名探偵じゃなかったりする九十九十九が事件を解決したりしなかったり死んだり死ななかったりする。
清流院流水から送られてくる手紙によって繋がっていく。

レビュー投稿日
2007年6月24日
本棚登録日
2007年6月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『九十九十九 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『九十九十九 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする