オレンジだけが果物じゃない (文学の冒険シリーズ)

3.68
  • (18)
  • (31)
  • (39)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 196
レビュー : 28
制作 : Jeanette Winterson  岸本 佐知子 
黒井ペン太さん 青春&思春期&友情   読み終わった 

私の場合、海外小説って作品それぞれで好き嫌いがパックリ分かれるんですが、これは好きです。会話が面白い。

ジャネットの葛藤がすごく心にズーンッと来る。似たようなものに悩んだ過去。自分の過去に自然と向き合える感じ。こういう白でも黒でもない灰色の本っていいね。悩んでるのに、穏やかに感じるのは如何してかなぁ…
オレンジ食べたい(笑)

母への期待みたいなのが、崩れ去っていった経験ってあると思うんです。誰よりも賢く物知りな両親(特に母親)。でも、気づいてしまう。そこまで、賢くないし、偉くもない。だからって嫌いになんてならないし、軽蔑だってしない。ただ偉くないだけ。自分と同じってこと。特別じゃない。
そう思ってしまった過去が蘇ってきた小説です。

暗い話ではない。

レビュー投稿日
2013年11月12日
読了日
2013年11月12日
本棚登録日
2013年11月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『オレンジだけが果物じゃない (文学の冒険...』のレビューをもっとみる

『オレンジだけが果物じゃない (文学の冒険シリーズ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする