屍者の帝国 (河出文庫)

3.60
  • (85)
  • (160)
  • (169)
  • (37)
  • (9)
本棚登録 : 2003
レビュー : 199
可不可@the beautiful worldさん 小説   読み終わった 

伊藤計劃三部作のラストは未完の書を盟友円城塔が完成させた力作。伊藤の世界観を崩さず円城さんの良いところが出た力作となっていた。屍を労働力として受け入れている歴史改変小説なので、色んな歴史上の人物が登場してきておもしろい。Mの弟って確実にホームズで、本書の主人公のワトソンは、あのワトソンだね。ダーウィンとかフランケンシュタインとか出てきてびっくりですよ。

レビュー投稿日
2019年8月19日
読了日
2019年8月19日
本棚登録日
2019年8月19日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『屍者の帝国 (河出文庫)』のレビューをもっとみる

『屍者の帝国 (河出文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする