ニーチェ入門 (ちくま新書)

3.60
  • (67)
  • (103)
  • (188)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 1233
レビュー : 96
著者 :
モーリーさん  未設定  読み終わった 

もちろん難しかった。けど最後まで読み通すことは出来た。竹田先生の著作との相性が良いことは分かった。難しいけどすこし読みやすい。先生曰く「哲学」や「思想」が「善きこと」を求める努力で、その「善きこと」への志を持つなら、是非とも一度はニーチェ思想の深い森の中を通ってみることをすすめる。とあるのでオレはようやくその森の存在を知ることが出来たのだと思う。その森は、きっと想像以上に深くて広大で鬱蒼とした暗くてイヤなところだろうけど、途中で急に湖が出てきたり、屋敷があったり見たこともない鳥が啼いていたりしそうだ。そこにはきっと色んなまだ見ぬ未知の世界が広がっている。そこで迷って森から出られなくならない様にパンくずを落として注意しながら探検を続けたい。探検しながら自分なりの地図を、思想の地図を描けたらこれはとっても嬉しいことだなあ。きっと。

レビュー投稿日
2018年11月15日
読了日
2018年11月15日
本棚登録日
2018年11月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ニーチェ入門 (ちくま新書)』のレビューをもっとみる

『ニーチェ入門 (ちくま新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする