観応の擾乱 - 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い (中公新書)

4.08
  • (38)
  • (55)
  • (21)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 544
レビュー : 63
著者 :
ヤン・ヒューリックさん  未設定  読み終わった 

南北朝時代から室町時代初期までは、大半の人達に敬遠される時代なのだが、一番の理由はやはり、足利尊氏、直義兄弟という、それまで極めて仲が良かった二人が文字通りの「骨肉の争い」を起こしていまった観応の擾乱にある。

南北朝時代というが、実質的に南朝は観応の擾乱が起きるまでは楠木正成は無論のこと、新田義貞、北畠顕家ら名将達が次々と戦死して弱体化していた。

ところが、観応の擾乱という大乱のおかげで存続し、日本史屈指の混沌の時代が始まるわけだが、詳しくは本著を。

何故こうなってしまったのかが分かります。

レビュー投稿日
2019年6月16日
読了日
-
本棚登録日
2019年6月16日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『観応の擾乱 - 室町幕府を二つに裂いた足...』のレビューをもっとみる

『観応の擾乱 - 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い (中公新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする