MOE (モエ) 2018年3月号[雑誌] (11ぴきのねこ/豪華ふろく 11ぴきのねこのクリアファイル)

3.50
  • (3)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 41
レビュー : 6
制作 : 馬場のぼる  谷川俊太郎  かこさとし  ヒグチユウコ  なかしましほ  鏡リュウジ  たむらしげる  荒井真紀  アンナ・ボンド  コンドウアキ  シゲタサヤカ  三浦太郎  やぎたみこ  山田美津子  平澤まりこ  小川糸 
羽さん  未設定  読み終わった 

「11ぴきのねこ」は読んだことのあるようなないような。この絵を描かれた馬場のぼるさんは、手塚治虫と仲良しだったそうです。パラパラめくっていたら美しい絵画に焦点が合いました。ヤン・ブリューゲルの「陶製の花瓶に生けられた小さな花束」。その隣のページには、憧れの「ストラホフ修道院」に併設された図書館の写真も。まさかMOEに載ってるとは思いませんでした。開催中の「ルドルフ2世の驚異の世界展」に行きたくなりました。小川糸さんのラトビアについてのコラムも良く、「ミトン」が読みたくなりました。

「ストラホフ修道院」
12世紀中頃ボヘミア最古の修道院。併設された図書館には宗教関係の本のほかに地理、哲学、数学、そしてルドルフ2世が熱を入れていた錬金術に関する本など28万冊が所蔵されている。
「哲学の間」の天井には緻密なスタッコ細工が施され、修道院のメンバーだった画家によって、聖書をテーマにしたフレスコ画が描かれている。
息を飲むような美しい造りの「神学の間」。天井まで続く書棚は圧巻。

「陶製の花瓶に生けられた小さな花束」
ヤン・ブリューゲル/1607年頃
美しく盛られたヒヤシンスやクレマチスなど46種類もの花とシジミチョウやトンボなど12の生物。実は12カ月の異なる季節に咲く花や生物を1つの花瓶に描いた、謎めいた絵画。

レビュー投稿日
2018年2月9日
読了日
2018年2月9日
本棚登録日
2018年2月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『MOE (モエ) 2018年3月号[雑誌...』のレビューをもっとみる

『MOE (モエ) 2018年3月号[雑誌] (11ぴきのねこ/豪華ふろく 11ぴきのねこのクリアファイル)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする